リオサイトメルは、非ステロイドの筋肉増強剤です。リオサイトメルに含まれている成分には、全身の代謝を上げ脂肪を燃焼させる働きがあります。

この記事では、リオサイトメルの正しい飲み方・サイクルの方法について説明していきます。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

リオサイトメルの飲み方

リオサイトメルは、体内にある甲状腺ホルモンと同じ成分です。
甲状腺ホルモンは、全身の代謝を活発にし、脂肪を燃焼させる効果が高いのが特徴です。しかし。外部から必要以上の甲状腺ホルモンを取り入れることで、体内の甲状腺ホルモンの濃度が高まり、脂肪の燃焼の他に、筋肉をも燃焼(カタボリック作用)させてしまうようになります。

ですので、筋肉の燃焼を防ぎたい方は、リオサイトメル単体では使用せずに、アナボリックステロイドか他の筋肉増強剤を使用することがおすすめです。

リオサイトメルのサイクル方法

リオサイトメルと非ステロイドを併用して使用するサイクル方法と、海外のボディービルダーが減量目的で使用されているサイクル方法の2種類をご紹介します。

スピロテロールと併用するサイクル方法

週間 リオサイトメル スピロテロール 服用
1週間 25mcg 40mcg 1日1回
2週間 50mcg 40mcg 1日1回
3週間 50mcg × 1日1回
4週間 75mcg × 1日1回
5週間 75mcg 40mcg 1日1回
6週間 50mcg 40mcg 1日1回
7週間 50mcg × 1日1回
8週間 25mcg × 1日1回
  スピロテロールは、2週間のサイクルの方法になります。詳しい使用方法は、「スピロテロールの使い方・サイクルの覚書|初心者サイクル」を参考にしてください。
スピロテロールは非ステロイドの筋肉増強剤で、筋肉の増強はそれほど期待はできませんが、筋肉量を維持しながら減量することができるのが特徴です。
リオサイトメルの使用することで起こるカタボリック作用を、スピロテロールである程度防ぐことができます。
「ダイエットはしたい!けど、筋肉が落ちるのも困る。ステロイドは副作用が心配...」という方に、おすすめの組み合わせ法になります。

アナボリックステロイドと併用するサイクル方法

期間 ウィンゾロン アナドリン リオサイトメル プリモノロン※
1週間 20㎎ 20㎎ × ×
2週間 20㎎ 20㎎ 50mg ×
3週間 30㎎ 30㎎ 50mcg 25mg
4週間 30㎎ 30㎎ 75mcg 25mg
5週間 20㎎ 20㎎ 50mcg 25mg
6週間 20㎎ 20㎎ 50mcg 25mg
1週間 × × × 25mg
3種類のアナボリックステロイドを併用して行うサイクルです。
どのアナボリックステロイドも減量効果が高いので、ダイエットに非常に効果がありますし、筋肉増強にも効果がありますので、リオサイトメルを使用することでのカタボリック作用を防ぐことができます。
副作用は、小さく症状が現れにくいものばかりの組み合わせにはなっていすが、万が一に備え予防できるケア剤は準備しておきましょう。

  このうちの1つのアナボリックステロイドを選ぶとしたら?

ウィンゾロンが、おすすめです。筋肉増強の効果は低いですが、アナボリックステロイドの中で一番に減量の効果があります。筋肉増強の効果はありますので、カタボリック作用も防ぐことはできますし、減量の更なる効果も期待できます。ウィンゾロンだけを組み合わせるとしたら、1日50㎎の服用量で期間は6週間で行ってみてください。

まとめ

リオサイトメル単体でも、減量の効果は高いのですが、カタボリック作用も起こる可能性もあります。筋肉量を維持しながら、ダイエットを行いたい場合は、この記事で紹介した筋肉増強剤、アナボリックステロイドを参考に組み合わせてみてください。

リオサイトメルのご購入はこちら

リオサイトメル
販売価格 3,038円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 体内の代謝を上げて脂肪を燃焼されることができる非ステロイド
副作用 疲労感、震え、発汗、動悸等
※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。
おすすめの記事