ハリウッドスターのヴィン・ディーゼル。

映画の「トリプルX」「ワイルド・スピード」「リディック」などの数々のアクション映画で成功をおさめている俳優です。

彼が、もしステロイドを使用してたら何を使用しているのか?海外のステロイドユーザーの議論をもとに、ヴィン・ディーゼルが使用してるだろうステロイドを考察していきます

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

使用するステロイド・サイクル方法

ヴィン・ディーゼルが、もしステロイドを使用しているとしたら、プリモノロン・ウィンゾロン・ダイナボル※1.のステロイドであろうと言われています※1

 ※1.海外で推測されているのはOstarineと言われるSARMSのなのです。国内では入手できませんので、ここでは筋肉増強効果のあるメダナボルを代用しています。
週間 プリモノロン ウィンゾロン メダナボル
1週間 100mg 50mg 20mg
2週間 100mg 50mg 20mg
3週間 100mg 50mg 30mg
4週間 100mg 50mg 30mg
5週間 100mg 50mg 30mg
6週間 100mg 50mg 30mg
7週間 100mg 50mg 30mg
8週間 100mg 50mg 30mg
9週間 100mg 50mg 30mg
10週間 100mg 50mg 30mg
11週間 100mg 50mg 20mg
12週間 100mg 50mg 20mg

メダナボルの特徴

アナボリックステロイドの中では、最も古いアナボリックステロイドです。筋肉増強・筋力向上の効果が非常に高いのが特徴です。

副作用に関しては、脱毛が予防できることができます。これは、他のアナボリックステロイドではできないことですので、最大のメリットでもあります。

飲み方は、メダナボルの半減期は4~6時間とされています。
ですので、1日20-30㎎を3日に分けて飲むことで、メダナボルの効果を最大限に引き出すことができます。

プリモノロンの特徴

プリモノロンは、筋肉増強の効果は低いですが、減量・ダイエットに効果の高いアナボリックステロイドです。減量・ダイエット中に、筋肉を落とさずに脂肪のみを落とすことができるのが特徴です

副作用に関しては、プリモノロンは肝臓に負担をかける化学加工をされていないので、肝毒性はありません。さらに、女性化乳房のリスクも無いと言われています。

飲み方は、プリモノロンの半減期は4~6時間と言われています。
ですので、1日100㎎を3回から4回に分けて飲むことで、プリモノロンの効果を最大限に引き出すことができるようになります。

ウィンゾロンの特徴

ウィンゾロンは、プリモノロンと同じ働きがあり、減量・ダイエットに効果のあるアナボリックステロイドです。過去では、肥満の方の治療として使用されたことがあるほど減量効果に優れています。

副作用は、プリモノロンほどではないですが副作用のリスクは少なく安全に使用できるのが特徴です。
飲み方は、ウィンゾロンの半減期は4~5時間とされています。
ですので、1日50㎎を3回4回に分けて飲むことで、ウィンゾロンの効果を最大限に引き出すことができるようになります。

まとめ

今回のステロイドサイクルは、メダナボルで筋肉増強を図り、プリモノロン、ウィンゾロンで余分な脂肪を落としていくという方法になります。成功すれば、筋肉のメリハリをしっかりと出した綺麗な肉体に仕上がります。

しかし、副作用の小さいアナボリックステロイドを2種類使用していますが、合計で3種類を使用することになります。副作用のリスクを考えて、ケア剤はしっかり用意してから取り組んでいきましょう。

1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事