アナボリックステロイドを使うと、副作用として脱毛症や前立腺の肥大が発症する可能性があります。これらの副作用が発症した場合に、対処できるのがプロペシアというケア剤です。プロペシアは、脱毛を予防し毛髪を強くする、前立腺肥大の治療薬として効果があります。

今回は、アナボリックステロイドを使うと、なぜ脱毛症や前立腺肥大が副作用して発症する可能性があるのか?プロペシアの効果・服用方法についてお話していきます。

アナボリックステロイドの副作用で発症する脱毛症の原因はDHT

男性型脱毛症の原因

アナボリックステロイドを使うことで副作用として発症する脱毛症の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが増えてしまうからです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)自体は、悪いものではないんですよ。声変わりや陰茎の成長等、男の子としての成長を応援してくれている存在なのです。

しかし、成年期以降はヒゲやすね毛等の体毛を濃くしすぎたり、脱毛症、前立腺肥大などを引き起こす悪玉になってしまいます。体毛は濃くしてくれるのに、髪の毛は薄くするという迷惑なやつになるんですよね。

ではなぜ、アナボリックステロイドを使うと、DHT(ジヒドロテストステロン)が増えてしまうのか?DHTは、男性ホルモン(テストステロン)が「5αリダクターゼ」という酵素によって還元されることで作られます。

アナボリックステロイドは、男性ホルモン(テストステロン)を大量に取り入れるものです。なので、男性ホルモンが体内に大量にあるわけですから、DHTもそれに合わせて多くなってしまうのです。

DHTが多くなってしまうということは、DHTの悪い働きである体毛を濃くしすぎたり、脱毛症、前立腺肥大などを引き起こす作用を促進させてしまうことになってしまいます。

これが、脱毛症「ハゲ」になる原因です。

DHTを作らせなくするのがプロペシア

プロペシアの髪の改善

「バッキバッキの肉体にはなったけど、頭のてっぺんがハゲてしまった...」目指していた目標とはかけ離れてしまうことになります。

悲しい結果を出す前に、アナボリックステロイドを使っている途中で「抜け毛が激しくなったな」と感じたら、プロペシアというケア剤を服用してください。

プロペシアには、5αリダクターゼという酵素の働きを弱くするフィナステリドという成分が含まれているので、DHTが多く作られることを防ぐことができます。

このプロペシアですが、公益社団法人日本皮膚科学会でも推奨しています。

出展https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

プロペシアの服用方法

プロペシア 服用方法

プロペシアを服用する時間帯は決まっていません。いつでも大丈夫です。
そして、プロペシアの効果をを実感できるようになるには約6ヶ月とされていますので、飲み続けることが大事になります。

プロペシアの服用についての注意点

アナボリックステロイドを使う人は、男性がほとんどだと思いますが、このプロペシアは女性に対しての適応はありませんので、女性は使用しないでください。
また、プロペシアを飲み始めの頃は、逆に抜け毛が増えてしまいます。 これは、プロペシアの初期の効果が現れている証拠ですので安心しください。

抜け毛が気になって、プロペシアを飲んだのにさらに抜け毛が増えたぞ!」と思ってしまうはずですが、初期脱毛の原因は、ヘアサイクルを正常なサイクルに戻すために、活動を停止した髪の毛を抜け落とすと考えられています。ですので、ヘアサイクルが通常に戻れば、髪の毛が生えてくるようになりますよ。

 ※ヘアサイクルがもどるまで約1か月前後(個人差はあります。)

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用として性欲減退がありますが、アナボリックステロイドを使うと逆に性欲が増しますので、副作用として気にすることはないです。

あとまれに、プロペシアを長期に渡って服用すると肝機能障害が起こると言われていますが、、アナボリックステロイドを使う時に肝臓の機能を改善させるシリマリンを服用することになるので、心配する必要はありません。

プロペシアのご購入はこちら

プロペシア

プロペシア
アナボリックステロイドの脱毛予防に!

販売価格:1,980~円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男性
内容量 :1箱30~100錠
ステロイドの使用で、脱毛が心配の方におすすめ!
脱毛に直接関係のある男性ホルモンを作れないようにするプロペシア。ステロイドサイクルを脱毛から予防する必須のケア剤です。
各アナボリックステロイドの副作用発症リスク一覧表をご紹介しています!
1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事