オキシポロンは、経口で摂取できる筋肉増強剤の中では、最も高い効果を持つアナボリックステロイドの筋肉増強剤です。

オキシポロンに含有されている有効成分のオキシメトロンは、元々骨粗しょう症および貧血の治療、HIVによる体重減少に悩む患者のために開発された薬です。後の研究で、オキシメトロンを服用することで、数ヶ月で筋肉を大きく増加させる報告がされるようになり、筋肉増強の目的でボディービルダーの間で人気が出るようになりました。

しかし、効果が高いだけに副作用が発症するリスクもあります。

では、オキシポロンを使用することでどれくらい筋肉量が増えるのか?どのような副作用があるのか?をお話していきます。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

オキシメトロン(オキシロポン)の筋肉の増加は半端ない

オキシポロンの効果

2003年に、ロサンゼルス郡USC医療センターとチャールズドリュー大学の施設審査委員会が承認した研究を発表しました。

この研究では、65歳から80歳の健康な高齢者31人に12週間にわたり、オキシメトロン(オキシポロン)を投与して、その効果を調べました。グループは、偽物を本物と信じ込ませて薬を投与するグループ(=プラセボ群)と50mg、100mg投与された3つのグループに分けられました。
出展http://www.ergo-log.com/oxymetholone-breaks-down-fat-and-builds-up-muscle.html

オキシメトロン(オキシポロン)の筋肉量の効果

オキシポロンの筋肉量増加の変化

研究の結果、12週間後の体重に変化ありました。
グラフの種類は、黒色がプラセポ群のグループ、白色が50㎎オキシメトロン(オキシロポン)を投与されたグループ、灰色が100㎎投与されたグループになっています。

各比較 ブラセボグループ 50㎎投与グループ 100㎎投与グループ
体重 -0.2kg +0.9kg +1.5kg
徐脂肪体重 ±0㎏ +3.3㎏ +4.2㎏
脂肪量 ±0㎏ -2.6㎏ -2.5㎏

注目するポイントは、真ん中のグラフです。
「Total LBM」と書かれていますが、これは徐脂肪体重(脂肪を抜いた体重のこと)という意味です。筋肉量を調べるのにこの指標を使われています。

これを見ると、プラセポ群のグループは変化ありませんが、オキシメトロン(オキシポロン)を50㎎、100㎎を投与された人は3.3㎏、4.2㎏の筋肉の増加がありました。たった12週間で3㎏から4㎏に筋肉の増加というのは、驚異のスピードでついているということになります。

また、「Total Fat」と言われる脂肪量は、オキシメトロン(オキシポロン)50㎎、100㎎投与したグループは-2.6㎏、‐2.5㎏の減少がありました。

筋肉量は増えて、脂肪量は減ることが研究結果から分かりました。

オキシメトロン(オキシポロン)の筋肉増強の効果

この研究では、筋肉増強の比較もしています。
チェストプレス(胸筋を鍛える種目)、ラットプルダウン(背中を鍛える種目)、レッグプレス(足を鍛える種目)の3種類のトレーニングを、オキシメトロン(オキシロポン)を投与する前と、投与した後で比較しました。

オキシポロンの筋肉増強の変化2

それぞれ3種目の筋肉トレーニングで、オキシメトロン(オキシポロン)を投与されたグループが大きく向上しています。

各比較 ブラセボグループ 50㎎投与グループ 100㎎投与グループ
チェストプレス -0.8kg +8.2kg +13.8kg
ラットプルダウン -0.6kg +8.8kg +18.4kg
レッグプレス +3.9kg +5.6kg +12.0kg

チェストプレスでは、50mgが8.2kg、100mgが13.9kgアップ、ラットプルダウンでは、50mg群が8.8kg、100mg群が18.4kgアップ、レッグプレスでは、50mgが5.6kg、100mgが12.0kgアップしています。

筋肉量が増えるので、筋力も上がるのは当然かもしれませんが、オキシメトロン(オキシポロン)を使用ることでしっかりと効果が出ているのが分かります。

オキシポロンを服用することで起こる可能性がある副作用

オキシポロンの副作用

オキシメトロンの成分が含まれているオキシポロンの説明書に書かれている副作用です。

肝臓 胆汁うっ滞、黄疸
尿性器官 陰茎の拡大および勃起の頻度の増加
睾丸機能の抑制、精巣萎縮および拒食症、インポテンス
精神面 性的欲求の増加、興奮、不眠症
胃腸 吐き気、嘔吐、下痢
乳房 女性化乳房
脱毛症における男性型脱毛症
皮膚 にきび
女性 女性における多毛症および男性型脱毛症、女性の声の深化
陰核の拡大および月経異常

オキシポロンを継続して服用することによる引き起こす可能性がある副作用の種類です。かなりの種類があります。

肝臓機能低下

オキシポロンの使用で起こる肝臓負担
オキシポロンの服用することで、引き起こされる可能性がある副作用は肝臓です。
オキシポロンは、17αアルキレート加工という肝臓になかなか分解されない加工をされているので、肝臓に負担をかけやすくなっています。
肝臓は、「肝臓は無言の臓器」と言われているだけに、自覚症状が分かりません。肝臓に負担をかけているかも?と初期の段階で確認する方法として2つあります。
肝臓に負担がかかっていることが分かる初期症状
ニキビが通常より増える(顔や、胸等)
尿が茶色になる。

この2種類のいずれかが発症すれば警戒するべきです。

このような症状が出る前に、オキシポロンを使用するときは、肝臓の負担を避けることができるシリマリンをいうケア剤があります。
シリマリンは、肝臓の機能を回復、改善を促すケア剤です。オキシポロンに限らず、ステロイド系の筋肉増強剤はプリモノロン以外、全て肝臓に負担をかけてしまいますので、他のステロイドでも必ず用意しておきましょう。
オキシポロンの肝臓疸の改善はシリマリンを使用しよう
ちなみに、先程の研究結果後の肝臓の数値も公開されています。

オキシメトロン(オキシポロン)を使用した後の肝臓データー

これを見ると、肝臓の数値を示すALT(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)/AST(アラニンアミノトランスフェラーゼ)が投与グループが悪化しています。

オキシメトロン(オキシロポン)を50㎎投与したグループは、健康診断に行っても「正常値の範囲内」と診断される範囲ですが、100㎎投与されたグループは「要注意の範囲」まで上昇しています。
ただし、肝臓は回復が早い臓器と言われています。ステロイドサイクル後にしっかりと回復サイクルを行えば、回復すると他の研究で言われているので、そこまで不安にならなくても良いです。

男性ホルモンの減少

オキシポロンの使用で副作用になる可能性がある男性ホルモンの減少

オキシポロンを使うと高い確率で起こる副作用が、男性ホルモンの生成能力の低下です。睾丸がテストステロン(男性ホルモン)をつくる能力が低下してしまうのです。

オキシポロンは服用すると、体内の男性ホルモンの濃度が大幅に高まります。すると、身体(主に睾丸)は、「ホルモンめっちゃあるから、新しく作る必要ないねっ!」と判断して男性ホルモンを作る活動を低下、もしくは止めてしまうのです。

ですので、ステロイドサイクル後の体内は、男性ホルモンを作る機能が低下しているので、男性ホルモンが少ない状態になっている可能性があります。

男性ホルモンが減少し低い状態が続いてしまうと、筋力が低下し、筋肉量が減少します。
せっかくオキシポロンで手に入れた筋肉が無駄になってしまうわけです。

この男性ホルモンが少なる現象を改善させるためには、クロミッドを服用してください。

女性化乳房

オキシポロンは、女性ホルモンを蓄積しない
女性のような丸みのある胸になる症状を女性化乳房と言います。
オキシポロンに関しては、男性ホルモンがジヒドロテストステロンですので、女性ホルモンが増加することはありません。ですので、基本的には女性化乳房はほとんど発症することはありません。
しかし、肝臓機能が低下していると、はじめからある体内の女性ホルモンを代謝できなくなり、蓄積させてしまうことがあります、蓄積をし続けると女性化乳房の発症は起こりえますので、注意してください。

もしも!のことに備えて女性化乳房を防ぐケア剤ノルバデックスは常備しておいた方が良いです。

悪玉コレステロールの増加

オキシポロンを使うと悪玉コレステロールが増加します。

悪玉コレステロールは、体内で多くなりすぎると体内の調子を悪くし動脈硬化になってしまうリスクもあります。
しかし、悪玉コレステロールは筋肉量を増やしてくれる働きもあり、悪玉コレステロールが少ない人よりも多い人の方が筋肉量の増え方が変わってくるという研究が報告されています。

ですので、悪玉コレステロールが増えてもそれほど気にすることはありません。

しかも、悪玉コレステロールは無酸素運動の筋トレをすることで減少することも研究で報告されていますので、オキシポロンでのサイクル終了後の回復サイクルで筋トレを継続すれば自然と減少していきます。

男性化脱毛症

オキシポロンには脱毛の予防の手段がない
これが、一番大事です。
オキシポロンは、男性ホルモンをギュッと濃縮したサプリです。この男性ホルモンを体内に追加することで、筋肉の増加・増強につながるわけなのですが、オキシポロンの男性ホルモンの種類は、「ハゲ」に直接関わるジヒドロテストステロン由来の男性ホルモンになります。なので、男性脱毛症になる可能性があります。
「でも、脱毛症を防ぐケア剤飲んどきゃ大丈夫でしょ!」って思いますよね?残念なことに意味がありません。
脱毛を防ぐケア剤の働きは、男性ホルモン(テストステロン)がジヒドロテストステロンになる原因である5αリダクターゼという酵素を弱らせることができるものです。なので、ジヒドロテストステロンそのものには効果がないのです。

なので、オキシポロンでステロイドサイクルをしている時に、「ん?抜け毛多くなってきたぞ」と感じた時は、一旦服用を中止することをおすすめします。

オキシポロンの使用方法・サイクル

オキシポロンの飲み方

実験の結果を見ると、50㎎と100㎎では、100㎎の方が筋肉量が増えていますが、肝臓の数値を見ると50㎎の方が健康に問題ないレベルで12週間の継続服用ができています。ですので、身体に負担をかけないようにするには1日50㎎、そしてサイクル期間は長くても12週間にしておくべきです。

ただし、少しでも筋肉を多くつけたい人は1日100㎎でも良いかもしれません。その時は、しっかりと副作用を防ぐケア剤を用意して取り組みましょう。

次に、オキシポロンの飲み方です。
半減期 服用間隔
約9時間 9時間おき、朝・夕
オキシポロンの半減期は、約9時間とされています。ですので、1日2回に分けて飲むことでオキシポロンの効果を最大限に発揮できるようになります。

オキシポロンの口コミはどうなのか

オキシポロンの口コミ

オキシポロンを実際に購入した方は、実際にどのような効果があったのかをオオサカ堂の口コミから見ていきます。

良かった口コミ

錠剤がすこし割りにくいのがちょっと気になりますが
筋肥大の効果は素晴らしいと思います!最初はシリマリンとだけ一緒に飲んでいたんですが、明らかに髪の毛が薄くなってきて、このままじゃハゲる!!!!とめっちゃ危機感を覚えたので、それ以降はフィンペシアも一緒に飲むようにしています。それからは髪のボリュームも戻ったので安心して使ってます。1日50mgですが、他の副作用は自分には出てません。

とりあえず、ハゲたくない人は絶対フィンペシアも取るべき!

オキシポロンには、男性ホルモンの中で最も強力なジヒドロテストステロン(DHT)が含まれていて、筋肉増強に大きな効果を発揮させることができます。しかし、この男性ホルモンは、薄毛・脱毛に直接影響もしてきます。この方は、薄毛・脱毛予防にフィンペジアを進めていますが、残念ながらDHTが含まれているオキシポロンには効果はありません。

薄毛・脱毛の症状が出れば、オキシポロンの使用は一旦中止するのが最も効果的な予防となります。
 フィンペジアの効果があるのは、メダナボルだけ!
育毛・発毛剤の効果があるのは、メダナボルというアナボリックステロイドの筋肉増強剤だけです。薄毛・脱毛が心配な方はメダナボルを使用してください。

以前にオキシメトロンを使用し十分な効果が出せたので、少し休肝期間を設けて再度の購入です。メーカーが変わったので同様の効果が得られるかわかりませんが期待値を込めて☆4です。

肝機能保護:シリマリン
抜毛予防:フィンペシア
女性乳房化対策:ノルバデックス
以上の3つのケア剤とのスタックです。
当方は体重80キロのため飲み方としては4mg×80kg=320mgと計算し、50mg×6剤をウエイトトレーニング30分前に服用して期待通りの効果を得ました。
トレーニング中は十分なパンプアップを実感。モチベーションも上がって追い込める感じです。トレーニング中または終了直後にプロテインを摂り、1週間ほどで明らかな筋肉の増強が目に見えて感じられます。前回は4週間のサイクルで筋肉量4kg増加に成功。これはナチュラルでは1年間かけてやっとの筋肉増加量です。私も独学ですが、上記のケア剤を摂りながらうまくサイクルを組んで使用することをオススメします。
効果はバツグンです。

1回の服用量が320㎎とかなり多いですが、ケア剤によって副作用を抑えているようです。そのおかげか、筋肉増強は1週間と効果の実感も早いですね。

副作用を抑えながら、安全に使用するならば、50~100㎎で9時間間隔の朝、夕で服用することをおすすめします。こうすることで、1日中オキシポロンの効果は体内で持続していますので筋トレ前に服用する必要も無くなります。

普通の口コミ

トレーニングしてなくても結構筋肉パンプアップしたままで、トレーニングしてもかなりパワー出てパンプアップします。しかし、効果はありますが肌荒れ防止ケア剤は取った方が良さそう

オキシポロンは、肝機能低下を起こす可能性があります。
肝機能が低下すると、肌の荒れ、ニキビなどが発生してしまうことがありますので、肝機能の低下を防ぐためにもシリマリンの使用は必須です。必ず用意しておきましょう。

オキシポロンは、最強といっても過言ではない!2ヶ月で10キロ増量は成功、副作用は性欲が逆になくなって、ちょっと困るけど、そして、食欲もない、増量はほとんどウエイトゲイナーに頼っています。2か月目から、ニキビもひどくなってきました。

筋肉増強の効果は、アナボリックステロイドの中で最強の部類となっています。

しかし、副作用も個人差はありますが、様々な症状を引き起こす可能性があります。副作用を抑えるためにも、ケア剤は必ず準備して行うようにしてください。

悪かった口コミ

オキシポロンを、シリマリンと一緒1ヶ月半服用したところで黄疸が出ました。結果、薬物性肝障害でした。今も入院中でなかなかビリルビンが下がりません。この先治ってくれるか不安でいっぱいです。

ケア剤のシリマリンを使用しても副作用である黄疸が発症した例です。

副作用は、完全にケア剤で抑えることはできないこともあります。今回のような症状が発症した場合は、すぐにオキシポロンの使用を止めてください。

1錠を半分に割って服用しております。数週間で見た目で分かるほどの筋肉増強の効果がありますが、同時にぬけ毛もすごいことになりました(笑)

オキシポロンは、DNT(ジヒドロテストロテン)由来なので、プロペシアが効かないとの話もあるので一旦使用は中止します。

オキシポロンは、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドですので、プロペシアなどの他の育毛剤を使用しても効果がありません。

プロペシアなどの育毛剤は、ジヒドロテストステロンになる前のテストステロンの状態の男性ホルモンに対しては有効です。ですので、薄毛・脱毛が不安の方は、テストステロン由来のメダナボルを使用することをおすすめします。

  遺伝的な要素もあるので、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドを使用しても全く脱毛が起こらない方もいます。
ステロイドを使用する前から薄毛・脱毛の症状が現れている方は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドを使用することでさらに進行を速める可能性もありますので、使用する場合は充分気を付けてください。

まとめ

オキシポロンの効果は、経口で服用できるアナボリックステロイドでは最強の効果を得ることができます。
ただし、副作用も多いのが難点です。

体調管理をしっかり行い、健康的に筋肉UPをしてくださいね!

オキシポロンのご購入はこちら

オキシポロン

筋肉増強の効果が最強のアナボリックステロイド
販売価格:4,290~円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男性
内容量 :1本60錠
とにかく早く筋肉をつけたい人におすすめです!

経口のアナボリックステロイドの中で、最強の筋肉増強の効果があるオキシポロン。ただし、効果が高いだけに副作用を引き起こす可能性もあるので、予防・改善できるケア剤を準備しておきましょう。

オキシポロンについて詳しい説明をしている記事はこちら

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。
おすすめの記事