短い期間で筋肉増強と、ダイエットに効果のある筋肉増強剤。しかし、筋肉増強剤といってもアナボリックステロイドや非ステロイドとたくさんあって分かりにくいですよね。

筋肉増強剤の特性を知らずに、やみくもにステロイドを使ったりしても目指している体にならないこともあります。
この記事では、使用目的別におすすめする筋肉増強剤・アナボリックステロイドをご紹介します。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

使用目的をはっきり決めて筋肉増強剤は選ぼう!

筋肉増強剤の選び方

筋肉増強剤の特性を知っていなければ、使ったところで何の効果もなく終わってしまうことがあります。ですので、「筋肉増強剤を使って、どんな体になりたいのか?」をここで、しっかりと決めておきましょう。

どんな体になる?理想の体型になるための筋肉増強剤の選び方
アナボリックステロイドを使うか?非ステロイドの筋肉増強剤を使うか?
アナボリックステロイドで筋肉増強?ダイエット?
非ステロイドの筋肉増強剤で筋肉増強?ダイエット?

アナボリックステロイドの筋肉増強剤とは

アナボリックステロイドの筋肉増強剤は、筋肉量増加と減量ダイエットの即効性の高い筋肉増強剤です。
筋肉をつくるのに必要な男性ホルモンの同位体が含まれているため、使用するだけで通常の筋トレの約20倍の効果があるとされています。

研究で、アナボリックステロイドの筋肉増強剤オキシメトロンを、20週間にわたって投与した結果では、約8.9㎏の筋肉増強の成果があったという報告もあります。
出展http://www.physiology.org/doi/10.1152/ajpendo.00363.2002
ただし、効果が非常に高いのに対し、副作用が起こりうる可能性があります。主な副作用は、以下のとおりです。

アナボリックステロイドの筋肉増強剤で起こりうる副作用
薄毛、脱毛、男性型脱毛症

男性ホルモンの減少

女性化乳房

肝臓機能低下

しかし、これらすべての副作用は個人差によって発症するとは限りませんし、ケア剤で予防・改善することができます。

「とにかく早く筋肉をつけて効果を実感したい!」と思っている方には、アナボリックステロイドの筋肉増強剤をおすすめします。

非ステロイドの筋肉増強剤とは

アナボリックステロイドの筋肉増強剤に比べて効果は低いですが、天然由来の成分が含まれているものが多く、目立った副作用が少なく安全に使用できるのが非ステロイドの筋肉増強剤です。

非ステロイドの筋肉増強剤に起こりうる副作用は以下の通りです。

非ステロイドの筋肉増強剤で起こりうる副作用
指や手の震え

動悸

頭痛、不眠

吐き気、食欲不振

アナボリックステロイドの筋肉増強剤に比べると、大きな副作用がないことがお分かりになると思います。

「安全に筋肉をつけたい!ダイエットしたい!」という方には、非ステロイドの筋肉増強剤をおすすめします。

アナボリックステロイドの筋肉増強剤の種類

アナボリックステロイドの筋肉増強剤の種類

アナボリックステロイドの筋肉増強剤には、筋肉増強剤に特化されたもの、減量やダイエットに特化されたものと全部で6種類があります。

使用目的に合った筋肉増強剤を選ばなけれは、効果を最大限に発揮させることができませんので、選ぶ種類を間違えないようにしましょう。

筋肉増強に特化された種類

筋肉増強に特化したアナボリックステロイドの筋肉増強剤は2種類です。
オキシポロンは、最も筋肉増強の効果が高く、1ヶ月で効果を実感できます。しかし、効果が高い反面、副作用が起こりうる可能性は他の筋肉増強剤に比べると高くなります。

メダナボルは、アーノルド・シュワルツェネッガーが使用されていたことで有名な筋肉増強剤です。筋肉増強の効果は高いですが、オキシポロンよりは劣っていると言われています。このメダナボルは、ケア剤さえしっかり用意しておけば、大きな副作用は予防、改善できることで副作用の管理がしやすいのが特徴です。

オキシポロン
ステロイドで最強の筋肉増強効果!
メダナボル
副作用の管理がしやすく増強効果が高い!

減量やダイエットに特化された種類

減量に特化されたアナボリックステロイドの種類は4種類あります。
これらの特徴は、オキシポロンやメダナボルと比べて、副作用が少ないことです。

減量やダイエットに特におすすめの筋肉増強剤は、ウィンゾロンです。
ウィンゾロンは、肥満の方の治療としても使用されることがあるほど、効果の高い筋肉増強剤として知られています。
筋肉と減量の両方を行いたい方には、アナドリンがおすすめです。
アナドリンは、筋肉増強の効果もありながら、減量の効果も高い筋肉増強剤となっています。
ウィンゾロン
減量効果が一番高い!
アナドリン
筋肉・減量の両方に効果的!
プリモノロン
他のステロイドとの組み合わせがしやすい!
ハロフルオックス
減量と筋力向上に効果あり!

非ステロイドの筋肉増強剤の種類

非ステロイドの筋肉増強剤

非ステロイドの筋肉増強剤には、筋肉増強剤に特化されたもの、減量やダイエットに特化されたものと全部で3種類があります。
使用目的に合った筋肉増強剤を選ばなけれは、効果を最大限に発揮させることができませんので、選ぶ種類を間違えないようにしましょう。

筋肉増強に特化された種類

16種類以上の成分が含まれている筋肉増強剤のメガマックスマッスル。
筋肉増強の効果を発揮する男性ホルモン由来の天然成分のほかに、減量効果のある成分も含まれていてどちらの用途で使用できる優れものです。

メガマックスマッスル
筋肉増強と減量にも効果あり

減量やダイエットに特化された種類

ステロイドサイクル終了後に使用されることもある減量特化の非ステロイドの筋肉増強剤は2種類あります。

おすすめするのは、スピロテロールです。
スピロテロールは、筋肉量を維持しながら脂肪を落とすことができるのが最大の魅力です。通常、ダイエットを行うと、脂肪の他に筋肉も減少してしまうのですが、スピロテロールは筋肉を極力落とさずに脂肪のみを減少させる特徴があります。

スピロテロール
筋肉量維持!体脂肪燃焼効果が高い!
リオサイトメル
脂肪燃焼効果が高い!

アナボリックステロイド|筋肉増加の効果の高い筋肉増強剤

筋肥大効果のあるアナボリックステロイドの筋肉増強剤

「筋肉を早くつけて、効果を実感したい!」という方には、オキシポロン・メダナボルがおすすめです。
筋トレと食事の管理をしっかりと行えば、1ヶ月で体のの変化に気づくことができます。

オキシポロン

オキシポロン

販売価格 4,313円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋肉増強の効果が最も高いと言われているアナボリックステロイド。女性化乳房が発症しにくいのが特徴です。
リスク 脱毛症、肝臓負担、男性ホルモン減少等

オキシポロンの特徴

副作用は、他のアナボリックステロイドに比べて起こりえる可能性は高くなりますが、筋肉増強の効果は非常に高いのが特徴です。

オキシポロンに含まれているオキシメトロンの成分を調べた研究では、20週間で最大8.9㎏の筋肉増加があると結論づけられています。
出展http://www.physiology.org/doi/10.1152/ajpendo.00363.2002

また、オキシポロンの含まれている成分である男性ホルモンの同位体は、女性ホルモンに変換されることはないため、ステロイド特有の副作用である女性化乳房の発症は極めて少ないことも特徴のひとつです。

メダナボル

メダナボル
販売価格 1,871円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋肉増強の効果が高いアナボリックステロイド。脱毛症を予防できる唯一の経口ステロイドです。
リスク 女性化乳房、脱毛症、肝臓負担、男性ホルモン減少等

メダナボルの特徴

アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンが使用していたことで昔から有名な筋肉増強剤です。

オキシポロンほどの筋肉増強の効果はありませんが、メダナボルに含まれている成分メタンジェノンを調べた研究では、6週間で約3.0~3.6㎏の筋肉増強の効果があると結論づけられています。
出典運動トレーニングを受けている男性におけるメタンジエノンの「同化」効果
また、メダナボルに含まれている男性ホルモンの同位体は、薄毛、脱毛の予防をケア剤で行える唯一のステロイドの筋肉増強剤です。
「筋肉は付けたいけど、薄毛になるかもしれない」と心配の方には、特におすすめの筋肉増強剤です。

アナボリックステロイド|減量効果の高い筋肉増強剤

減量効果のあるアナボリックステロイドの筋肉増強剤

減量効果の高いアナボリックステロイドの筋肉増強剤は、全部で4種類です。

減量効果もありながら、どれも筋肉増強の効果もあり、脂肪が燃焼しても筋肉量が減少するカタボリック作用がないのが特徴です。

減量して体を引き締めながら、筋肉の張りを見せたい方におすすめです。

アナドリン

アナドリン
販売価格 3,101円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 一定の筋肉増強の効果があり、減量も行えるアナボリックステロイド。副作用が小さいため女性も使用できるのが特徴です。
副作用 脱毛症、肝臓負担、男性ホルモン減少等

アナドリンの特徴

筋肉増強・減量の2つに効果があるアナドリン。
オキシポロン・メダナボルには筋肉増強の効果に見劣りはしますが、アナドリンに含まれている成分について調べた研究では、12週間で3.0~4.5㎏の筋肉の増加が認められています。
出展http://www.physiology.org/doi/abs/10.1152/japplphysiol.00808.2003

また、研究では脂肪量についても調べられていて、12週間で最大で3.0㎏の減少したことが認められています。
副作用については、オキシポロンやメダナボルと比べると少ないのが特徴で、女性の間でも利用されています。

ウィンゾロン

ウィンゾロン
販売価格 3,891円~ 半場合経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 減量効果の高いアナボリックステロイド。副作用も小さく女性でも使用できるのが特徴
副作用 脱毛症、肝臓負担、男性ホルモン減少等

ウィンゾロンの特徴

筋肉増強の効果は期待できませんが、肥満の治療で使用されるほど、減量の効果が高いウィンゾロン。ソウルオリンピックで金メダルをとったベン・ジョンソンが使用されていました。

ボディービルダーの世界では、減量サイクルのメインとして人気のある筋肉増強剤です。また、このウィンゾロンも副作用が少ないのが特徴で、女性の間でも使用されています。

プリモノロン

プリモノロン
販売価格 18,279円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋肉増強の効果は低いが、減量効果が高いのが特徴。副作用はステロイドの中でも一番小さいと言われいます。
副作用 脱毛、肝臓負担、男性ホルモン減少等

プリモノロンの特徴

筋肉増強の効果も若干ありながら、減量効果も高い筋肉増強剤です。
アナボリックステロイドで唯一、錠剤に化学加工が施されていなく肝臓に負担をかけることが非常に少ないことが特徴です。

しかし、個数が多いため1本あたりの価格がずば抜けて高いのと、化学加工をされていないため、他のアナボリックステロイドに比べると、効果が薄いと言われています。

ハロフルオックス

ハロフルオックス
販売価格 18,279円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋力向上の効果が強く、減量効果が高いのが特徴。副作用はステロイドの中でも高いと言われいます。
副作用 脱毛、肝臓負担、男性ホルモン減少等

ハロフルオックスの特徴

減量に効果があり、筋力の向上効果がアナボリックステロイドの中で一番高いとされている筋肉増強剤です。重い重量を扱う選手、パワーリフターなどに人気があります。

ただし、アナボリックステロイドの中でも、極めて男性化作用が強く副作用が起こりうる可能性が高いため、管理が難しいのが難点です。

初心者には、おすすめできない筋肉増強剤の1つです。

非ステロイド|筋肉増加の効果の高い筋肉増強剤

非ステロイド|筋肉増加の効果の高い筋肉増強剤

アナボリックステロイドと違い、副作用がほとんどなく安全に筋肉増強ができるのが特徴です。しかし、筋肉増強の効果は、アナボリックステロイドに比べて小さいです。

副作用は少ないけれど、筋肉増強の効果に即効性が期待できないことは理解しておきましょう。

メガマックスマッスル

メガマックスマッスル
販売価格 3,038円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 体内の代謝を上げて脂肪を燃焼されることができる非ステロイド
副作用 疲労感、震え、発汗、動悸等

メガマックスマッスルの特徴

16種類以上の天然由来の成分が含まれているメガマックスマッスル。副作用はほぼなく長期にわたって使用できるのが特徴です。

また、筋肉増加に欠かせない男性ホルモン、減量に効果のある成分の両方がふくまれているので、「副作用の心配なく安全に体つくりをしたい」方に、おすすめの筋肉増強剤です。

非ステロイド|減量の効果の高い筋肉増強剤

非ステロイド|減量の効果の高い筋肉増強剤

減量効果のある非ステロイドの筋肉増強剤は、2種類です。
どれも副作用は少なく、アナボリックステロイドより気軽に使用できるのが特徴です。

また、筋トレや食事管理をしっかり行いながら使用すれば、2週間で約3.㎏の減量に期待ができます。

スピロテロール

スピロテロール
販売価格 2,549円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋肉を維持しながら減量が行える非ステロイド
副作用 疲労感、震え、発汗、動悸等

スピロテロールの特徴

筋肉量を維持しつつ、減量が行える非ステロイドの筋肉増強剤です。

スピロテロールは、筋トレや運動をすることで分泌されるアドレナリンのβ2受容体に刺激させる働きがあり、体の脂肪を燃焼しやすい環境にします。
また、β2受容体を刺激させることにより、筋力増加の効果もあるという研究が報告されています。
出展β 2 -アドレナリン作動薬の管理や筋力トレーニング

リオサイトメル

リオサイトメル
販売価格 4,500円~ 販売経由 オオサカ堂
筋肉増強
筋力向上
減量効果
副作用管理
特徴 筋肉増強・減量の効果のある非ステロイド
副作用 疲労感、震え、発汗、動悸等

リオサイトメルの特徴

減量効果の高い非ステロイドの筋肉増強剤です。

リオサイトメルは、全身の代謝を活発にさせるため、脂肪燃焼の他に筋肉をも燃焼させて減少させてしまう(カタボリック作用)ことがあります。ですので、筋肉量は減らしたくない方は、他の筋肉増強剤と併用して使用することをおすすめします。
リオサイトメルを実際に購入している方の口コミでは、スピロテロールと併用して使用されていることが多いです。

1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事