アナボリックステロイドのひとつであるプリモノロン。

プリモノロンに含まれている成分は、自然界にも存在していて妊娠している猫の副腎に含まれたりしています。また、他のアナボリックステロイドに比べても副作用が小さく、男性のみならず女性も利用されることがあります。

今回は、プリモノロンの筋肉増強の効果と副作用、飲み方について説明していきます。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

プリモノロンの効果

プリモノロンは、アーノルド・シュワルツェネッガーや、大リーガーのアレックス・ロドリゲス、バリーボンズが使用されたことで有名になっています。

プリモノロンの効果は、筋肉を作る働きよりも脂肪分解に直接影響与える効果が高いとされています。そのため、筋肉増強目的よりもダイエットや減量に適したステロイドです。

よく利用されるのが、筋肉増に特化したオキシポロンやメダナボルといったアナボリックステロイドと併用して使用する方法(スタック)です。

筋肉をつけるためには、1日の消費カロリーよりも多く多く摂らなければなりません。そのため、どうしてもステロイドサイクル後は、筋肉の他に脂肪量も増えてしまいがちです。これを回避するためにプリモノロンを使用し、筋肉のみを増量するために利用されています。

また、運動能力のパフォーマンス向上の利用の他に、治療目的でも使用されています。

治療目的で使用される症状
骨粗鬆症
加齢や病気による筋肉量低下の改善

プリモノロンの副作用

プリモノロンは、体内でろ過されないための化学加工をされていません。そのため、肝臓に負担をかけることがありません。これは、アナボリックステロイドの中ではプリモノロンだけの特徴です。

そのため、他のステロイドとスタックをしても、プリモノロンの肝臓の負担の影響はないため、副作用の管理がしやすくなっています。

女性化乳房の心配もない

プリモノロンは、ジヒドロテストステロン由来の成分ですので、体内に入っても女性ホルモンに転換されることはありません。ですので、胸が女性のように丸みを帯びる女性化乳房の発症はされないとされています。

  肝臓の負担を長期間続くと女性化乳房のリスクは上がります。

プリモノロン単体での使用ならば、肝臓に負担をかけることはありませんが、他のアナボリックステロイドとスタックすることで肝臓機能の低下が起こる可能性があります。

肝臓機能が低下すると体内に微量にある女性ホルモンを代謝できなくなり、蓄積させてしまうことになります。蓄積させてしまうと女性化乳房を誘発させてしまいますので、肝臓をケアするシリマリンを服用するようにしてください。

脱毛のリスクはあります

先程も言いましたが、プリモノロンはジヒドロテストロテン由来のアナボリックステロイドです。
そのため、脱毛に直接影響を与えることになります。

プロペシア等の育毛剤で予防はできませんので、抜け毛が多くなったなと感じたら、一旦使用を中止して回復するまで待つようにしてください。

男性ホルモンの減少

プリモノロンに限らず、アナボリックステロイドを使用することで起こりうる副作用のひとつです。

ステロイドを使うと、体内の男性ホルモンの濃度が高まります。すると、体が元の男子ホルモンの基準値に戻そうとして男性ホルモンの生成を減少させてしまおうとするのです。

ステロイドサイクル終了後は、男性ホルモンの生成を回復させるためにクロミッドを使用してください。

プリモノロンの飲み方

1日75㎎から100㎎の服用してください。
これ以下だと効果は少なくなるし、多くてもそれ以上の効果は見込めないと言われています。

また、女性が使用する場合は、1日25㎎で充分です。
これ以上の摂取は、男性化作用の副作用が出る可能性がありますので、注意してください。

服用期間は、8週間か12週間までがおすすめです。それ以上の服用期間は、副作用のリスクが高くなります。

サイクル後は、クロミッドを使い、低下した性ホルモンを回復させていきます。

まとめ

筋肉増強を目指している方には、プリモノロンの使用は向いていませんが、他のアナボリックステロイドとスタックしたり、減量ダイエットしたい方

にはおすすめです。

副作用も小さいことから、どのアナボリックステロイドよりも安全に使用できるのも魅力の一つです。

プリモノロンのご購入はこちら

プリモノロン

プリモノロン

販売価格:18,258円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男女兼用
内容量 :1本25㎎150錠
減量ダイエットにおすすめ! プリモノロンは、減量効果の高いアナボリックステロイドです。他のステロイドとのスタックやダイエットをしたい方におすすめです。
コメント

アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツ、競技のために使用する場合はご注意ください。詳しくは、専門医、公認スポーツファーマシスト(薬剤師)へご相談ください。

※公認スポーツファーマシストとは、(公財)日本アンチドーピング機構より認定されている資格になります。最寄りのスポーツファーマシスト資格保持薬剤師の検索はこちらから
リンクhttp://www3.playtruejapan.org/sports-pharmacist/search.php

1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事