アナボリックステロイドを始めたいけど、何からやればいいの・・・?
最速で筋肉をつけることができて、ダイエットにも効果があるアナボリックステロイド。ただ、自分で始めてみようと思っても、何から始めれば良いか分からないと思います。

筋肉増強・体脂肪燃焼の効果は高くても、使い方を間違えれば副作用が発症することもあります。
このページでは、副作用を最大限に抑えた正しいアナボリックステロイドの使い方、始めるための必要なケア剤、目的別に合わせたアナボリックステロイドのご紹介をします。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

アナボリックステロイドを始めるには、ケア剤を用意しよう!

アナボリックステロイドを使うのに必要なのは、副作用を予防・改善させるためのケア剤を用意するだけです。

アナボリックステロイド初心者が用意するもの

使用するアナボリックステロイドに関しては、筋肉増強を目的にするのか、減量(ダイエット)を目的にするかで、選ぶものは変わってきます。
目的別アナボリックステロイドのご紹介はこちら
ケア剤とは?アナボリックステロイドは筋肉増強や減量に高い効果がある反面、体調を崩してしまったり副作用を発症させてしまったりすることがあります。これを予防・改善させるために必要な薬のことを言います。

アナボリックステロイドを使用することで、副作用が発症する可能性があるのは主に4つです。

アナボリックステロイドの初心者知るべき副作用4つ

この4つの副作用を予防、改善するためのケア剤を用意しておかなければなりません。

1.肝臓機能の低下

経口のアナボリックステロイドは、肝臓にろ過されずにできるだけ長く体内に留まらせるために、アルキレート加工(肝臓でなかなかろ過されない化学的加工)をされています。

そのため、肝臓に負担をかけることになり、負担が長期化すると初期症状として、尿が茶色くなったり、ニキビ(顔・胸・肩等)が出てきます。ひどくなれば、目の周りや肌が黄色く変色す黄疸を発症させてしまうことがあります。

また、肝臓の機能の低下が長期化すると、体内の女性ホルモンを代謝することができなくなり必要以上に女性ホルモンを蓄積させてしまうことになります。この影響で、女性化乳房の副作用を誘発させてしまう恐れもあるのです。

アナボリック初心者が気を付けなければならない肝臓負担

このように、肝臓の機能低下は様々な副作用を引き起こすきっかけとなるので、アナボリックステロイドを使用するにあたって、肝臓のケアは最も重要になってきます。

肝臓の負担を軽減、改善させるために効果的なのが、シリマリンと呼ばれるケア剤です。シリマリンがあれば、長期間アナボリックステロイドを使用しても肝臓の負担を少なくし、副作用を発症しにくくなります。

必ず必要になりますので、準備しておきましょう。

肝臓機能の低下を起こすアナボリックステロイド一覧

基本、効果の高いアナボリックステロイドは肝臓機能の低下を起こしやすくなっています。

ここでは、どのアナボリックステロイドが肝臓機能の低下を起こしやすいか一覧で紹介します。

ステロイド名 肝機能低下
オキシポロン
メダナボル
アナドリン
ウィンゾロン
プリモノロン -
ハロフルオックス
※〇:起こしやすい △:起こりにくい -:ほぼ怒らない ◎:非常に起こりやすい
プリモノロン以外のアナボリックステロイドが、ほぼ肝臓機能の低下を起こす可能性があります。
ステロイド使用時は、必ずケア剤を使用するようにしてください。

2.男性ホルモンの減少

アナボリックステロイドは、男性ホルモン由来の成分が含まれています。
通常の状態でも男性ホルモンは生成されているのですが、ステロイドでさらに男性ホルモンを多く摂取することで、筋肉増強・脂肪燃焼の効果を高めることができるのです。

アナボリックステロイド初心者の正しい使い方 筋肉増強の解説

しかし、外部から大量の男性ホルモンを摂取してしまうと、体内は過剰な男性ホルモンの量を調整しようとする働きになり、体内(主に睾丸)での男性ホルモンの生成機能を低下・止めてしまうことになります。

アナボリックステロイド初心者の正しい使い方 筋肉減少の解説

アナボリックステロイド使用中は、男性ホルモンを摂取しているので、体内の生成する働きが低下・止まってしまっても特に問題はありません。しかし、ステロイドの使用後、体内では男性ホルモンの生成が止まってしまっているので、男性ホルモン不足に陥り様々な副作用を引き起こしてしまいます。

男性ホルモンが不足すると、筋肉量減少・筋力低下の影響が出てきます。さらに睾丸の縮小などの副作用も引き起こす可能性があるのです。

この男性ホルモンの生成を促すために、必要になるケア剤はクロミッドになります。

クロミッドは、体内(主に睾丸)を刺激して体内の低下・止まってしまっている男性ホルモンの生成をするように刺激してくれる働きがあります。アナボリックステロイドでせっかく手に入れた筋肉を失なわない為にも、クロミッドは必ず用意しておきましょう。

3.女性化乳房

男性ホルモン(テストステロン)は、肝臓や脂肪組織で作られているアロマターゼという酵素と結びつくことで女性ホルモン(エストロゲン)に変換されています。

アナボリックステロイドで大量に男性ホルモンを摂取することで、女性ホルモンも比例して体内に多く作られることになります。これが原因で、男性なのに女性のような胸になってしまう女性化乳房の副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

アナボリック初心者の正しい使い方解説 女性化乳房の原因の解説

女性化乳房の副作用を予防・改善させるにはノルバデックスが必要になります。
ノルバデックスは、テストステロンとアロマターゼが結びつくのを防ぐ働きがあり、エストロゲンに変換されないようにします。女性化乳房を予防するために必ず用意しておきましょう。

4.男性型脱毛症

テストステロンの男性ホルモンの成分が含まれているアナボリックステロイドは、5σリダクターゼという酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変換されます。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンの最低3倍から最大6倍の筋肉増強の効果があるとされていますが、一方で髪の毛を脱毛させてしまい男性型脱毛症の副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

アナボリック初心者の正しい使い方解説 男性型脱毛症の原因

ジヒドロテストステロンの方が、筋肉増強の効果はあるけれど、ハゲてしまうかもしれない。筋肉を得るか?髪の毛を失うか?悩ましいところですが、男性型脱毛症を予防するには、プロペシアが有効です。

アナボリック初心者の正しい使い方解説 男性型脱毛症の対策

プロペシアは、5σリダクターゼの働きを阻害し、テストロテンを結びつくことをさせない働きがあります。 筋肉増強の効果は弱くはなりますが、男性型脱毛症を予防したい場合は、プロペシアを用意しておきましょう。

ケア剤が有効に機能しないアナボリックステロイド

一部のアナボリックステロイドは、プロペシア等の育毛剤を使用しても予防・回復ができないものがあります。

アナボリックステロイドには、テストステロン由来、ジヒドロテストステロン由来の2種類のステロイドがあります。このうち、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドは、育毛剤を使用しても有効に効果を発揮することはできません。
ここでは、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドを紹介します。
ステロイド名 効果
オキシポロン 筋肉増強特化
アナドリン 筋肉増強・減量効果
ウィンゾロン 減量特化
ハロフルオックス 筋力特化

アナボリックステロイドを使用することによる脱毛・抜け毛は度合いは個人差があり、症状が現れない人もいます。

もし、症状が現れてもステロイドの使用を中止することで、回復していきますのでそれほど心配する必要はありません。
ただし、元から抜け毛・脱毛が進行している方は、ステロイドを使用することでさらに進行を早めるリスクが高くなりますので注意してください。

各ケア剤の服用方法

副作用を予防するためには、4つのケア剤をご紹介しました。次に、飲み方についてお話していきます。

アナボリック初心者の正しい使い方解説 ケア剤の服用方法

アナボリックステロイドを使い始めたら、毎日服用してもらいのがシリマリンです。肝臓に負担をかけてしまうと、色々な副作用を引き起こしてしまいます。症状が出る前に服用しておきましょう。

ノルバデックスとプロペシアは、初期症状が出始めてから服用しましょう。

  女性化乳房・男性型脱毛症の初期症状

女性化乳房
・何もしていない状態でもチクチクする
・手で押したりうつ伏せで圧迫されたりすると痛みが出る
・走ったりジャンプしたりすると痛みがでる

男性型脱毛症
・抜け毛が普段より多く感じる。
クロミッドは、ステロイドサイクル後に服用するケア剤になります。ステロイドサイクル中は、服用しなくても大丈夫です。
※ステロイドサイクル中に睾丸の収縮の症状が出たら、アナボリックステロイドに使用を中断し、クロミッドを服用してください。
各ケア剤の服用量は、ケア剤に書かれている用量を服用してください。

あなたは何を目指す?目的に合わせたアナボリックステロイドのご紹介!

アナボリックステロイドは様々な種類があり、目指す目標によって選ぶものが変わってきます。
ここでは、目的別で各アナボリックステロイドをご紹介していきます。

目的別アナボリックステロイドのご紹介
副作用のリスクは高くなるけど、とにかく早く筋肉増強を目指したい!
オキシポロン
副作用を満遍なく予防できて、筋肉増強を目指したい!
メダナボル
筋肉増強の効果が弱くなっても、副作用は小さくして安全に使用したい!
アナドリン
筋肉量を維持しながら、減量(ダイエット)を成功したい!
ウィンゾロン

オキシポロン|副作用のリスクは高いけど、とにかく早く筋肉増強したい!

経口アナボリックステロイドで一番に筋肉増強の効果のあるアナボリックステロイドです。
しかし、効果が一番なだけに副作用のリスクも高まることになります。

オキシポロンは、ジヒドロテストロテン由来の男性ホルモンの成分ですので、女性ホルモンのエストロゲンに変換されることがないため、女性化乳房の副作用が出ることはありません。※1.

 ※1.肝臓機能が低下すると、エストロゲンを代謝する働きのある肝臓が機能しにくくなり、体内にエストロゲンを蓄積することで女性化乳房の初期症状が出る可能性はあります。
しかし、オキシポロンはプロペシア等の育毛剤を使用しても効果がありません。 プロペシアは、テストロテンと5σリダクターゼの結びつきを阻害させてジヒドロテストロテンに変換するのを防ぐことができるのですが、オキシポロンは、元からジヒドロテストロテン由来の成分のため育毛剤の本来の効果を発揮させることができないのです。
オキシポロン

筋肉増強の効果が最強のアナボリックステロイド
販売価格:4,290~円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男性
内容量 :1本60錠
とにかく早く筋肉をつけたい人におすすめです!
経口のアナボリックステロイドの中で、最強の筋肉増強の効果があります。ただし、効果が高いだけに副作用を引き起こす可能性もあるので、予防・改善できるケア剤を準備しておきましょう。

メダナボル|副作用を満遍なく予防できて、筋肉増強を目指したい!

アナボリックステロイドとして初めて誕生したのが、メダナボルです。
アーノルド・シュワルツェネッガーやシルベスター・スタローンが使用していたことで有名です。

メダナボルは、テストロテン由来の男性ホルモンが成分ですので、女性化乳房の予防はしなければなりませんが、経口のアナボリックステロイドでは唯一男性型脱毛症の予防ができます。
全てのケア剤を用意していれば、主要な4つの副作用に対して予防・改善ができるのがメダナボルの強みです。
 メダナボルの使用中は、筋細胞に水分を蓄積させる作用があり、これが原因で一時的に体重が増加されてしまいます。しかし、使用を止めれば水分量は元に戻るのでそこまで心配する必要はありません。

メダナボル

副作用が管理しやすいアナボリックステロイド
販売価格:1,868~円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男性
内容量 :1本60錠
脱毛が心配ならメダナボルはおすすめです!
経口アナボリックステロイドは、男性型脱毛症を予防できないものがほとんどですが、メダナボルは男性型脱毛症をケア剤を使用することで予防できるアナボリックステロイドになります。筋肉増強を目指したいけれど、脱毛が心配の方におすすめです。

アナドリン|筋肉増強の効果が弱くても、副作用を気にせず安全に使用したい!

アナドリンは、ジヒドロテストロテン由来の男性ホルモンの成分ですので、オキシポロン同様に男性型脱毛症の予防はできませんが、副作用が最も出にくいのが特徴で女性でも使用できるアナボリックステロイドです。

副作用が小さいということは、筋肉増強も小さいのか?と言われると、そんなことはありません。高齢者に対して12週間の投与をした研究では、運動をしなくても約約3.5㎏の筋肉増強が認められています。そのうえ、脂肪も約2.5㎏減少させることも報告されています。
オキシポロンほどの筋肉増強の効果はありませんが、副作用も小さく筋肉増強・減量もできるのがアナドリンの強みです。
初心者は、まずはここからアナボリックステロイドを始めてみることをおすすめします!
アナドリン

副作用は小さく筋肉増強・減量に効果的!
販売価格:3,071円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男女兼用
内容量 :1本60錠
副作用を小さく、筋肉増強を目指してる方におすすめです!
筋肉増強・ダイエットの効果が高いにもかかわらず、副作用が小さく女性でも使用できるアナボリックステロイドになります。

ウィンゾロン|筋肉量を維持しながら、減量(ダイエット)を成功したい!

ウィンゾロンは、筋肉増強目的ではなく筋肉量・筋力を維持しつつ減量、ダイエットを行うためのアナボリックステロイドになります。ベン・ジョンソンが使用していたことで一躍有名になりました。

ジヒドロテストロテン由来の男性ホルモンの成分ですので、男性型脱毛症の予防はできませんが、副作用が少ないのが特徴です。

筋肉量を維持とは言いましたが、一定の筋肉増強の効果もありますので、筋肉重視の体形ではなく細マッチョを目的にしている方におすすめです。

ウィンゾロン

ウィンゾロン
減量効果の高いアナボリックステロイド

販売価格:3,860~円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男女兼用
内容量 :1本150錠
筋肉をつけつつ減量したい方におすすめ!
筋肉増強よりも減量に効果のあるアナボリックステロイドになります。減量・筋肉を落とさずに脂肪だけをメインに落としたい方におすすめです。
1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事