アナドリンは、他の経口アナボリックステロイドに比べて副作用の小さく、初心者向けステロイドになります。

また、筋肉増強もできて体脂肪も落とすことができるのも魅力の一つです。副作用が小さいアナドリンは、スタック(他のアナボリックステロイドを併用して使用すること)で使用して、さらに効果的に筋肉増強をさせることができます。

今回は、アナドリンの使い方、サイクル方法からスタッフの方法をご紹介します。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

アナドリンのサイクル方法

ステロイド初心者でも筋肉増強に効果のある最適なサイクルと、他のアナボリックステロイドを併用して使用する目的に合わせたスタックの方法をご紹介します。

アナドリン|初心者向けサイクル

週間 アナドリン 摂取時間
1週目 40㎎ 朝食後、夕食後
2週目 40㎎ 朝食後、夕食後
3週目 50㎎ 朝食後、夕食後
4週目 50㎎ 朝食後、夕食後
5週目 50㎎ 朝食後、夕食後
6週目 40㎎ 朝食後、夕食後
7週目 40㎎ 朝食後、夕食後
8週目 40㎎ 朝食後、夕食後
アナドリン単体でのステロイドサイクルになります。
副作用が小さいとは言われていますが、副作用を予防できるケア剤を用意して使用してください。

アナドリン|減量重視のスタック

週間 アナドリン ウィンゾロン 摂取時間
1週目 40㎎ 50㎎ 朝食後、夕食後
2週目 40㎎ 50㎎ 朝食後、夕食後
3週目 50㎎ 60㎎ 朝食後、夕食後
4週目 50㎎ 70㎎ 朝食後、夕食後
5週目 50㎎ 80㎎ 朝食後、夕食後
6週目 40㎎ 50㎎ 朝食後、夕食後
7週目 40㎎ 50㎎ 朝食後、夕食後
8週目 40㎎ 50㎎ 朝食後、夕食後
同じジヒドロテストロテン(DHT)由来のアナボリックステロイドでの組み合わせになります。
この組み合わせは、筋肉増強の効果はもちろんありますが減量重視になっています。どちらのアナボリックステロイドも副作用が小さいと言われているステロイドですが、服用率も2倍強に増加しているため、副作用のリスクは上がることになります。

ケア剤は、しっかり用意しておいてください。

アナドリン|筋肉増強重視のスタック

週間 アナドリン メダナボル 摂取時間
1週目 20㎎ 20㎎ 朝食後、夕食後
2週目 20㎎ 20㎎ 朝食後、夕食後
3週目 30㎎ 30㎎ 朝食後、夕食後
4週目 30㎎ 30㎎ 朝食後、夕食後
5週目 30㎎ 30㎎ 朝食後、夕食後
6週目 30㎎ 30㎎ 朝食後、夕食後
7週目 30㎎ 30㎎ 朝食後、夕食後
8週目 20㎎ 20㎎ 朝食後、夕食後
テストロテン由来のメダナボルとの組み合わせです。
主に筋肉増強に特化したサイクル法です。アナドリンだけでも筋肉増強の効果があるのに、メダナボルによってさらに強力になります。

また、テストロテン由来のメダナボルは、女性ホルモンの分泌を促進する働きがあり、脂肪の増加に関係してくるのですが、アナドリンの効果で脂肪を燃焼させて相殺させることができますので、脂肪の増加を抑えて筋肉増強ができる非常に優れたスタックになります。
しかし、女性ホルモンが体内で増えることから、女性化乳房の発症するリスクがあるので、ノルバデックスは必ず用意しておきましょう。

アナドリンの回復サイクルから次のサイクルまでの期間

アナドリンが、体内から抜けるまでの期間は3週間とされています。

おすすめの回復サイクル期間と次のステロイド開始日は、以下の表を参考にしてください。

回復サイクルの期間 ステロイドサイクル開始
4週間 8-9週間後

まとめ

アナドロンは、単体でも優れた筋肉増強効果、体脂肪燃焼の効果が優れています。また、副作用が小さいことからスタックのベースとしても使われる優秀なアナボリックステロイドです。

初めてステロイドを使用するならアナドロンを強くおすすめします。

アナドリンのご購入はこちら

アナドリン

副作用は小さく筋肉増強・減量に効果的!
販売価格:3,071円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男女兼用
内容量 :1本60錠
副作用を小さく、筋肉増強を目指してる方におすすめです!
筋肉増強・ダイエットの効果が高いにもかかわらず、副作用が小さく女性でも使用できるアナボリックステロイドになります。
アナドリンに関するその他の記事はこちら!

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。
サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。
おすすめの記事