プリモノロンは、筋肉増強の効果は大きくありませんが、脂肪燃焼の効果が非常に高く減量やダイエットに優れたアナボリックステロイドになります。

ここでは、プリモノロンの飲み方、サイクルからスタックの方法について説明します。

【2018年度】おすすめアナボリックステロイドBEST3
1位 2位 3位
オキシポロン メダナボル アナドリン
オキシポロン メダナボル アナドリン
経口で最強
筋肉増強効果
脱毛の予防ができる
筋肉増強剤
筋肉増強・減量のできる
筋肉増強剤

プリモノロンの飲み方とサイクル方法

ステロイド初心者でも筋肉増強に効果のある最適なサイクルと、他のアナボリックステロイドを併用して使用する目的に合わせたスタックの方法をご紹介します。

プリモノロン|初心者サイクル

期間 プリモノロン 服用
1週間 75-100㎎ 朝、就寝前
2週間 75-100㎎ 朝、就寝前
3週間 75-100㎎ 朝、就寝前
4週間 75-100㎎ 朝、就寝前
5週間 75-100㎎ 朝、就寝前
6週間 75-100㎎ 朝、就寝前
7週間 75-100㎎ 朝、就寝前
8週間 75-100㎎ 朝、就寝前

他のアナボリックステロイドより1日当たりの服用量は多いですが、50㎎以上の摂取をしなければ効果が出ないと言われています。

心配な方は、まずは50㎎から始めて効果を実感できないようであれば、4週目以降から75-100㎎で調節してサイクルを行ってください。

プリモノロン|筋肉増強重視サイクル

期間 プリモノロン メダナボル
1週間 75-100㎎ 20mg
2週間 75-100㎎ 20mg
3週間 75-100㎎ 30mg
4週間 75-100㎎ 30mg
5週間 75-100㎎ 30mg
6週間 75-100㎎ 30mg
7週間 75-100㎎ 20mg
8週間 75-100㎎ 20mg

筋肉増強効果の高いメダナボルとスタックする方法です。
メダナボルは、体内の女性ホルモンを増やす特徴があります。女性ホルモンが増えると体内に水分を蓄積、脂肪を増加させる働きがあります。これを、体脂肪燃焼の効果が高いプリモボランと一緒に使用することで、脂肪の増加を抑えれるようになります。

プリモノロン|減量重視サイクル

期間 プリモノロン ウィンゾロン スピロテロール
1週間 75-100㎎ 50㎎ 40mg
2週間 75-100㎎ 50mg 40mg
3週間 75-100㎎ 50mg ×
4週間 75-100㎎ 50mg ×
5週間 75-100㎎ 50mg 40mg
6週間 75-100㎎ 50mg 40mg
7週間 75-100㎎ 50mg ×
8週間 75-100㎎ 50mg ×

2つのステロイドと1つの非ステロイドを使用した超減量特化のスタックです。
3つともに減量効果の高いもので、2種類のステロイド共に副作用が非常に小さく他のステロイドより安心して使用できます。またスピロテロールも副作用がほぼありません。

ただし、筋肉増強の効果は大きくありませんので、筋肉増強を目的とした使用は向いていません。減量・ダイエットがしたい方にはおすすめです。

まとめ

プリモボランは、副作用が小さいことから幅広いアナボリックステロイドとスタックができます。

ただし、スタックするアナボリックステロイドによっては副作用が起こる可能性もありますので、しっかりとケア剤を用意して取り組んでください。

プリモノロンのご購入はこちら

プリモノロン

プリモノロン

販売価格:18,258円
販売経路:オオサカ堂
使用対象:男女兼用
内容量 :1本25㎎150錠
減量ダイエットにおすすめ! プリモノロンは、減量効果の高いアナボリックステロイドです。他のステロイドとのスタックやダイエットをしたい方におすすめです。
コメント
プリモノロンのその他の記事はこちら

1.当サイト「筋肉増強に効く!アナボリックステロイドの集合知」は、アナボリックステロイド等の医薬品をご紹介をしています。

これらの医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、保健衛生上の危険性(リスク)があります。厚生労働省も注意喚起されています。
リンク厚生労働省

2.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

3.記事の内容・製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。


4.アナボリックステロイドは筋肉増強作用があるためドーピング禁止薬物に指定されています。スポーツやボディービルのために使用する場合はご注意ください。

ドーピングについての詳しい情報は日本アンチ・ドーピング機構等にお問合せください。
おすすめの記事